ボンの道楽つれづれ

好きなことをいろいろと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

これは何?

ファンネル

 これは何でしょう?、フロントフォークの関係?。違う。これが何であるか解る人はオーソリティかもしれないな。
 フロントフォークといえば、T-140Vのフロントフォークオイルは近代的なオイルでは必ず漏れる。不思議なことだが本当だ。もう少し濃いヤツがほしいのだが、今様のフロントフォークオイルは、作動油としての行き方が強い。
 本文で何度も記載したが、以前、T-140Vにヤマハのギアオイル10W30を注油して決行のパフォーマンスを示した。
 SR500にATFを最近注油してOKになっている。再びT-140Vも同じにしようかな、と考えている。
 そういったところで... 。いや、この写真はフロントフォーク関係ではない。ヒントは、外径が57mmですよ、というところだ。
 僕自身も巧くいったかな、と考えている。





スポンサーサイト

PageTop

G4 PB 12にASCIIキーボード

G4 asciiキーボード

 ちょっとしたことで買い損ねていたG4 PowerBook 12インチ用のASCII配列のキーボードが到着し、事のついでに本体をバラしてみました。
 案の定、内部は少々難がありました。どうも落としたか、組み付けの祭に無理をしたか、少し変形していた。キーボードも少し波を打っているようにも思えるのですが、これはこれでOKのようです。つまり、視覚から来るキーの高さの浪打は、実際はキートップの収まり具合のみに思われます。
 装着前の写真を掲載していますが、よ~くご覧ください。Pismoの英語(ASCII)キーボードと比べてどうですか?
 そう、キーの大きさが変わらないんです。したがって、JIS配列のキーボードでタイプするときAとZを押し間違うということが極端に減ります。ようやく、この12インチモデルも使うことが出来るようです。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。