ボンの道楽つれづれ

好きなことをいろいろと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

元の仕様に戻す

日本スタイル

 こういった何もない休日は朝から雨とくる。止むと少しばかり涼しいが、風がないものだから何ともモワ~っとしたものが支配する。と再び雨が来る。この繰り返しを2~3度やったろうか。ようやく3時過ぎから晴れ間が出始めた。
 走行は中止し、SR500のリアウインカー(和製英語だ)を元の取り付け位置に戻すこととした。理由は、テールランプの動きが揺するような動きに変化する。そのため電球などへのストレスが強いと判断したからだ。
 作業時間は少し長引き1時間半もかかった。そのわけは、コードのカバー内にリアタイヤが巻き上げた土が入り込んでいて、それを外に出す作業に思わぬ時間が取られたためだ。
 で、写真を撮る際におかしな気分になってきた。このスタイルはどこかで見かけた記憶が甦る。しばし思い出さない。おかしいな、と思いつつ、車体カバーをかけようとしたときだ。「アッ」と思った。そう1968年にリリースされたホンダCB750 Fourのスタイルではないか。SRはヤマハだが、メーターの立ち角度なども同じだし、タンクカバー仕入れて、CB750風に塗装するとイイものになるのではないか、と考えてしまった。
 明日から9月。そろそろ、オイル交換をしなければならない。そして10月18・19日の花園へ行く準備を始めなければならない。

スポンサーサイト

PageTop

早くも新米



 水曜日、昨日の留守電は無かったはずなのにどうして?。いたずら電話かな、と思いつつ、妻が先に仕事へ出た部屋に、妻の知人のNさんからの季節毎の便りが入電されていた。な、なんと本日の午前5時過ぎ。農家だから気にする時間ではないのかもしれない。もっとも、留守電にしていなければ、我々からすると早い時間にたたき起こされることになるから、困ったものだ。
 内容は、新米ができたので、昨夜送ったから受け取ってくれ、とのことであった。昨年は雨続きで、玄米のままであったことを思い出す。今年はどうやらいいようだ。
 そういえば、輝北町東仲、労農市民会議で育てたアジア・アフリカ救援米は24日が稲刈りだった。
 僕は最近気分としておかしくなってくる。確かに新米はご飯になるとおいしい。それだけのために、4月の終わりに田植えして、8月の末には刈り取りする。この行為は自然の摂理を人間自らが壊しているのではないか、と思う。
 こういった点は宇和平野でつくられる米の方が自然であろうと思うし、考え方からすると、多くの日本人が感じる梅雨時の田植えであり、暑い夏の草取りであり、頭を垂れる黄金色の稲刈りの季節、これらが大きく壊されてしまっている。言いようは悪いが「不自然農法」で育てられた新米ではないか、と僕にはむなしさが感じられてしまった。
 今年は冬が早く来そうである。こういったとき、農業を今一度見直すときかもしれない。
 そうそう、ウマヅラカワハギの養殖に成功と朝のテレビで報道していた。日本海ではクラゲを使ってカワハギ漁が盛んである。海の世界もずいぶんと変わりつつあるようだ。いずれも人間が変えようとしているのではあるが... 。

PageTop

どうしてタンジェリンか?

タンジェリン再び

 そもそもの発端はここでは記載しない。今回ヤフオクで再びiBookのタンジェリンをゲットした。送られてきたマシンを見ると、手持ちの化粧直ししたのと妙にニュアンスが違う。フト、僕にとっての最初のマシンSE/30のことを思い出した。このマシンの出はアイルランド工場であった。電源部のどこかがパーになって、SEの中古をゲットしてそいつを移植してた。同じソニー製の電源でどうしてこうまで違う。もう一つはビデオカードを装備したのにリアケースが微妙にふくらんでる。筐体は共通だからSEのをフィットさせると見事にというかそのまんま楽に装着できるではないか。
 こういったところから、僕はMacの最初のモデル生産国のを大切にしている。PowerBook 5300なんて、シンガポール工場のものが、最終ではアメリカでのアセンブルになって帰ってきたのを思い出す。後日、5300と同じモデルの190が台湾製なのを知って愕然とした記憶がある。
 こういったことから、初期のタンジェリンと後期のタンジェリンとは色合い自体も少し違うようだから筐体の材質自体も違うのかもしれない。
 今回送られてきたのは最初期モデルのようだ。コードを纏めるベルトのタグまでそのまま保存してあった。まるで自分が購入したモデルが回り回って僕の元に返ってきたような気分になった。こういった方もいらっしゃるのだな、と思った。
 テスト段階でOS 8.6で少々不具合が出るので、9.2にアップした。僕は唖然とした。G3の300MHzでこんなに速いのか。一瞬言葉を失った。残念ながらハードディスクが3GBしかない。このまま保存としよう。幸いにもヒビが入っていない。
 オリジナルが手元にある。ということは、化粧直ししたもう一台のタンジェリンをもう少し使ってみようか。コイツは6GBのハードディスクだしね。結構楽しみは広がるものだ。あの時ゲットしていなかったら再びモヤモヤが取り巻くことになっていたであろうことは容易に想像できる。それだけ僕も見極めが付く年代になったということか。

PageTop

iPodの調整を

iPod 1st.

 ここ数か月、僕のiPodの調子がおかしい。これまで小誌(www/Grid)本文で記載しているけど今のところバッテリー関係では何らおかしいところはなくなっている。これは確実だ。
 が、バッテリー関係に関しては回路上のことかしら、何かおかしいものが存在しているのではないか、と思ってたところだ。
 「5G(byte)といえば最初のモデルでしょ?」と聞いてくる人がいれば胸を張って「レアだろ」と応えられるのだがネ。今時、こんなモデルを持っていると「古~!」と言われるのがオチだろう。
 しかしダネ、これが今しっかりと動くんだ。以前からAppleの旧製品に対してのサポートは結構イイものがあったが、ことiPodについては対応がイイ。今のOS X 10.5にも対応する。もちろん、やりとりのiTunesにも対応しているのだ。で、僕自身はレアさも加わってこれを使っている次第だ。
 その動きが最近おかしくなった。バッテリーの持ち時間が、時として変わる。コネクター修正の後、対応マシンはG4 PB 12インチ。これで過不足なくOKだった。次にやったときはPismoのOS Xでだが、ここでバッテリーの容量は改善された。
 加えて、どことなく音が引っ込んでいるように聞こえだした。iTunesがアップしているのに、音に関しては旧態依然だ。
 iPod本体のリセットを繰り返すと、「バッテリーの残量がない」ときたね。充電はするが残量は時として変化する。不思議な世界だ。バッテリーは生きている。4時間は持っていたのだしね。
 まさかとは思ったが、本文ではまだ出していないけど、再びPismoをOS X 10.4にしたところ、接続をするとiPodの表示が盛んに出始めた。アレッと思ったのはこの時だった。つまり、iPodのメモリー部分が3種類のOSのどれに対応すればいいのか、一部悶絶状態になっているのではないか、と感じたわけだ。
 で、ダイアログの中に「復元」という項目がある。実はこれをやったことがなかった。理由は一つ。Newtonのバックアップで上手く行かなかったことが理由だ。
 今回やってみようと思ったのは僕のiPodとMacへの接続はFireWireだからだ。僕がやった様々な実験では、FireWireならどちらか一方が速くても遅くても大丈夫ということを確認しているからだ。「復元」は直訳で「販売時に戻す」ということになる。
 復元中にかかる時間が長いが、ダイアログの中身を見ていると、メモリー内部もクリアーにしているようである。iTunesから同期させているとき、全てが英語表記になるからそのことが分かる。
 結果は?というと、Goodです。現在のイヤホンはオーディオテクニカのインピーダンスが16Ωのインナータイプだ。バッテリーの状況は完全。したがって、Pismoから専用の充電器に交換して、充電しながらテストでアナログディスクからの音源を聞いてびっくり。ボリウムのポジションをいつもより下げなくてはならないほどの音量。そして音量を下げても、音が隠ることもない。これには驚いた。
 充電完了が2時間半程度。2それから時間ほど作動させたが、バッテリー残量表示は4つのままだ。
 速い動作のマシン(コンピューター)と遅いiPodだから、どうもiPod用に一つのマシンを決定しておく必要があるようだ。そして数か月に1度程度は「復元」をしてやることをお勧めする。(といっても、第一世代、第二世代のiPodを持ってる人が少ないけども... )
 もちろん、音楽はiTunesだろうけど、データなどの他の利用の場合はバックアップをしておかれてからだろうけどね。2001年11月17日の発売だから、8年目を迎えるわけか。今でも快調だ。驚くべきこと... 、でもないかナ。

PageTop

何とかなるのか?

AMAL MK-II

思わぬところで... 、というのが本当の気持ち。2008年4月頃から愛車のTriumph T-140Vに装着しているSUDCO MIKUNI VM32のキャブがセッティングが出ないままで、今も車体カバーをかぶったままです。
最近になって、トリニティースクールのブログに出ていたAMAL MK-Iの改善記事に動かされてベーク板とかのパーツを揃えて居たところでした。
そういったときの久々のヤフオク、当初MK-Iの32mmとメッキピストンが出てたんですが、どうもこの32mmという口径はT-140には相応しくないようです。そのため、あきらめていたのですが、数日後に同じ出品者から140Eのフレームなどと一緒にこのMK-IIの30mm新品が出てたんです。
既に私の経験からSUDCO MIKUNI VM32とMK-IIは一部改造で入れ替えができることを知っていましたし、お盆の忙しい中でGetできましたから、本当に思わぬところで入手できたのです。
外箱のラベルなど見てますとイギリス製ということもあり、今のMK-Iと違い気分が少しだけ良くなってきました。
おもしろいことに、といっては失礼ですが、パーツリストからすると、T-140Eがスターターワイヤー方式だろうと思うのですが、今回入手したのはチョーク方式なんですね。この点も操作ワイヤーが一系統無くなるわけですから簡素化されるんです。
来月辺りからT-140Vに装着を考えていますが、MK-IIのことを再び勉強となります。このMK-IIは意外と記事が少ないんですよね。
10月の18・19は花園での英車を愛でる会です。これに間に合えばいいのですがどうでしょうか?。

PageTop

Over the rainbow

Over the reinbow
 午後4時前、職場から撮ったものだ。多少見づらいけど、左手の方向まで虹は伸びている。いつか僕がアップロードしたい「カトマンズの夕暮れ」シーンがある。宇和島以外の人で、この写真の状況からカトマンズの云々を判断できる方がいらっしゃると、その方は宇和島御城下の自然状況がお解りの方だろうと思う。
 虹の架かっている遠方の山を見ていただきたい。
 まじめに、山の中腹に雲がかかっているのをご覧になられるだろう。この季節の雲はどの程度の高さで発生するのだろうか?。
 実は、この宇和島市は山側へ20分も歩くと1000mクラスの四国山脈の南のはずれ、鬼ヶ城山系にぶち当たる。逆に20分も海側へ歩くと、段落ちになる宇和海が待っている。このように自然の盾をを生かした不等辺五角形の立地上対にあるわけだ。
 かつての宇和島藩がこの地を生かせての政治をやっていたのだが、今は平成の大合併で、この件も教授するには結構アヤシイ状況になってしまった。
 そういったことから考えると、この虹がかかったのも理解できるのではないか、と思う。すぐさま消えたが、ここで雨を見ても、市内の中心部では降っていない、という今の市政と同じく不思議な現象も起きているのだ。
 話変わって、野口選手が出場辞退になったけど、僕自体は、その瞬間、日本での国際駅伝などを除いて、国際舞台での彼女の走りはなくなったのであろうな、と考える。
 女性選手に望むらくはクレー射撃の彼女の娘さんが「ロンドンはいいけど、ロンドンより後はダメ」と言われるほどの選手生命を維持できるようになってほしいものだ。男の中での女が同じ土俵で戦(闘)うクレー射撃だ。現在でも幼いアシスタントを務めている娘さんの彼女だもの。このことはよく分かっている。僕でもしたがうよ。
 そういう競技人なって欲しいし、そうなると、まさに「虹の彼方」だ。この環境を極力維持しなくてはならないな。時には女性を前面に建たせて、男は後ろで支えてやろう。

PageTop

コミック「深夜食堂」のような商売もいいな

深夜食堂
 最近、おそらくお祭り辺りから僕のお腹の状態が思わしくない。時にとんでもないような色の... 、が出ることがある。一瞬ドキリとするが心配する程ではないようだ。一つは敏感になってきている。酒道場でソーダガツオの生節を食べると血合いが多い上に、肉ものを食すと一発でそうなってしまう。
 少々余談が過ぎたが、数年前、「Bone君、退職したら食堂やったら?」と言われて、一時期真剣に考えていたが、現在の状況を見ると難しいな、と感じるほど世の中が変わってしまった。
 写真はコミックの「深夜食堂」だけど、まさか、僕がこのコミックの虜になるとは考えなかったのであるが、僕がやろうとしているのも、こういった店ではないのだろうか、とね。もちろん、深夜ではなくソコソコの時間帯での営業であるし、店の業務種類は食堂だけに限らないのは明白だ。もちろん、今の商店街のような午後6時過ぎにはシャッターの閉まる音がする、な~んていうことはしないけどね。
 ふと、ゲルマンでは食傷気味になるものの、最近はマスターのグチにも合わせることができはじめた。酒道場では最近になっての御常連と少しばかり話が弾みだした。もっとも、こうなると少々飲み過ぎにはなるのだが... 。
 退職してからの生活のベースもそろそろ考えなくてはならないな~。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。