ボンの道楽つれづれ

好きなことをいろいろと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

紀伊水道

 18・19日の両日、和歌山県花園で開催された「英車の集い」に参加した。残念ながら、車両はTriumph T-140Vではなく、ヤマハSR500となったが、なかなか楽しい2日間であった。記事そのものは次号の小誌www/Gridで。
 さて、今回僕をもっとも悩ませたのは、徳島~和歌山間の南海フェリーの便数減である。何しろ、11時の便に乗らなければ、会場までの60km程度が高野山に近い山道のため大変なことになるからだ。
 幸い好天のため、ややハイスピード、しかも高速道路ばかりで往路は30分前にフェリー乗り場に到着という慌ただしさであった。
 しかしながら、単調な2時間の船旅も便数減によってなかなかおもしろい楽しみが増えた。というのは、乗船時間は2時間だし、ほぼ同時に和歌山・徳島を出港する。ということは、ほぼ1時間後に紀伊水道上ですれ違うということだ。
 当たり前と思うだろうけど、そこはそれ、同じ航路でも潮流とかが影響して若干の違いが生じるのだ。

 下の写真は往路、「かつらぎ」船上からのショットである。船は右側運航だから少し見づらいが、排煙部分が右側にある。ココがポイント。

ouro

 一方、下の写真は帰路のスナップだ。先ほどの往路と同じじゃないの?、とおっしゃる方は必ず居る。
 帰路の船は「つるぎ」だ。ということは、むこうは「かつらぎ」かもしれない。日の当たる方向はどちらか。
 というよりは、こちらは左手に相手の船を見ている。相手も左側にこちらを見てる。ということだ。
 往路の午前の天気状態と、帰路の夕暮れ間近の状況とではずいぶんと風景が違うものだな~。今回はCoolPix 2200での撮影だ。
 この後で、熊本からのお遍路さんとルートの話などをしたのだが、久々に船旅も楽しんだ次第だ。
 徳島からは再び地球の自転と夜のとばりとの闘い。石油高騰から四国の道路標識は一層暗くなってしまってる。高松道・松山道とも同じだ。都会の高速道では考えられない。まだまだ貧乏なんだ。
 大洲までは僕の後ろから来た自動車は2台のみという寂しさであった。

hukuro

スポンサーサイト

PageTop

ライムハウスのこと

ライムハウス
 この写真は名古屋のライムハウスというThe Beatlesを主とした通販専門のレコードショップだ。拙宅を新築したのが29年前だ。それからわずか1年後万に一つあるかないかの原因で小火を出した。残念なるかな、その時に多くのレコード盤を失ってしまった。
 当時は今のようにネット上で検索などすることは困難だったので、もっぱらレコードコレクター誌の広告などを便りに手紙でリストを漁っていた。
 給料なども決まっていたし、息子が小さいしで、再建は上手く行ったが日々の生活の中でどうするかというと、オートバイやこういった趣味にもゼニを割くことができない。したがって、失ったものを戻すことを第一に考えて、もっぱら大阪のサムズ・レコードショップを頼りにした。
 しかし、リーノなどのリイシュー盤も在ったりしたが、ここは現金取引であったし返品など受け付けてくれなかったので、しばらくして止めにした。
 数か月後に、ライムハウスへリストを発注し、まずはアメリカ編集のMEET THE BEATLESのディスクを購入することから開始。しかし、キャピトル盤など無いし、東芝盤もありゃしない。当然、同名の日本編集のモノラルLPもあったが、どうしても東芝オデオン盤でなければ納得しないため、気長に待つこととした。
で、リスト上はカナダ盤のMEET THE BEATLESのディスクがある。安い。これをゲットすることからのおつきあいである。
 BEATLES関係の大半は取り戻すことができた。これらディスクの違いは、僕のサイトで出しているので一読を。
 とはいえ、ライムハウスでの一番高価な買い物はHMV盤のBeatlesの最初の4枚組CDボックスである。次の3枚組がその1/10の金額であったのを苦々しく思った。キャロライン盤は持っているものの、このボックスは大切なものだ。
 それにしても、レコードも高くなった。が、アナログレコードそのものは現在でもある程度の出費をすれば大丈夫。これをCD化することも簡単にできる時代になった。アナログディスク自体も音質の違いが存在する。当然CDであっても音が違う。その違いがCD-Rのディスクの違いにより一層顕著になる。
 たまには、こういった重箱の隅をつつくような行為をすべきなんだが、丸いビニル盤から音を出す方法すら過去のものになってしまったのだろうかね。
 子どもにダイヤル式の受話器で電話をかけさせると楽しんでやるのだが、それすら知らない親から生まれる子供は、僕からすると少々悲しい環境に生まれたな~、と感じるのだがいかがだろうか。

PageTop

SR500にSR400のエキパイを(お願い)

2008年10月6日(月)はれ
 僕のサイトで日々目を通されるのはどの分野であろうか?おそらく「日記」だろうと思う。まじめに。ブログだろうと思う方は地方レベルや趣味レベルが多いと思う。僕はF2Cのブログやってるけど、過去の分をそのまま移行できるのなら違うブログに移行したい。とにかく放置しているとHタイプの書込が相当に増える。これで、ブログを含むサイトが有害サイトとされる場合もなきにしもあらずだ。となると、これまでの分を地域のみでもイイから変更してやろうか、などとも考えている。
 土台、ブログ=ホームページって国内では紹介されたから、ブログ自体がはらんでしまって収拾が着かない状況になっているのはないか、というのが本当のところだろう。ブログ一つで書込(コメント)の管理まで毎日一人でやれるのなら、それはそれで結構。ただし、はき違えしないでほしいのは、自分の言いたいことなど、一定のサイトを持たないと単にブログのみであること。これの訪問ランキングなんてものも存在する世界だから何をかいわんやなのである。
 で、ココに記載するのだけど、僕のサイト、この日記、あるいは、たまたま僕のサイトに紛れ込んで読まれた方の内で、オートバイのヤマハスポーツSR500に乗っていらっしゃる方が居らっしゃればリサーチしていただきたい。

今のSR500がノーマルの吸排気システムで使われている方で、エキゾーストパイプをSR400(1994年以降)のものに変更して、テストしていただけないだろうか。
そして、その結果を簡単に僕のBBSへ記載されるか、メールでの返答をお願いしたい。このブログのコメントでもかまわないが、許可を下すまでには時間がかかる。

 これは全く僕の独善かもしれない。が、11月号の本文で紹介するが「だまされた」とか「アーッ」とかいったことになるのではないか、と考えるところだ。
 もう一点は、アフターマーケットのスリップオンタイプのマフラーに変更されて居る方でも、エキパイを変更すると結果が変わる、と僕自身は確信しているので、ゼヒBBSへ結果の記載か、メールで返答をお願いしたい。同じくブログへでもかまわない。

 近代のSR500なら、エキパイの取付フランジ部分にGの刻印があれば、それはSR500のものだ。
 もう一点、マフラーとの接続部分がツライチもしくは4~5mmの隙間ができるのならそれは400用だから、5~10mmの隙間ができるのが500用である。

 日記で申し上げること自体おかしい。一方ではブログへも記載をしているので、同じくBBS、あるいはメールで返答をお願いしたいところだ。ブログへはダイレクト。

 ここまで来て、相当なことを記載していることに気付くのだが、全てはお許しあれ。一人でも僕の考えと同じ報告があれば、それはそれでリサーチ完了と判断したい。
 確信を持って大きく異なるはず。改めてSR500の真骨頂を確信することになると思うのだが... 。ただし、2J2辺りの初期のエキパイがSR400と共通のSR500では、おそらくこの変化は出にくいのではないか、と考えるところだ。

PageTop

ちょいと一杯

 はやいもので10月を迎えた。2か月前はオリンピックだった。9月は30日まで。一夜明けて人事異動。いくら市立病院が人手不足とはいえ、職場のご意向などを考慮して異動させているとは思えない。実にファッショな世界だ。
 電話で訳の分からないことを言うのが居る。行くとまくしたてる。こちらの説明も聞きやしない。こういった輩でも市民だ。コイツとやり合って、思いっきり小馬鹿にされたり、手を出される手前の世界までは経験したから、次は警察同伴で出向かなければならないのかもしれない。
 少しのんびりしたい、と思って、ゲルマン。最初から日本酒にした。

お酒

 この徳利は口に注ぎ口がない。これがいいのだ。とコミックのバー レモンハートにあった。これでこぼさないように猪口に注ぐ。
 アテ(肴)はタコわさ。タコの塩カラの薄いのにワサビであしらってあるものだ。

飲み姿

と、こういった姿だ。テメーでテメーを撮るとなかなか難しい。ま、顔の方はご勘弁を。
 酒の銘柄は白鹿。ほづみ亭は金陵、酒道場は梅錦だ。通常はビールなどから入るから、日本酒をやる頃は少し感覚が鈍っているのも事実だ。
 ま、そういったことは抜きにして、人肌より少し上の温度(いわゆるお燗)でやると、なかなかのものがある。
 疲れは飛びはしないが、こういった一服もよろしかろう。一気に秋が去るだろう。冬の準備を始める必要がある。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。