ボンの道楽つれづれ

好きなことをいろいろと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Pismo改がLeopardで作動する

Pismo改

 この写真をとくとご覧アレ。マシンはPismo改。PowerBook2000モデルにG4 550MHzのCPUを搭載したものだ。それがMac OSX 10.5.1で動いている。
 おかしなことを言うな、とすべきだが、現実だ。ただし、一部作動しないところもある。メニューバーのバッテリーは認識されないままの×。共通項目はiPhoto2が動かない。ま、これ以外は非常に快調である。特に動作自体のサッサと変化する状況は非常に気分が良い。
 実は、ここまでに至るに5日間かかった。連続だよ。最初は23日、復元そさせようと思ってやったのだが、2時間程度で出来ないことが分かり断念。
 次は24日。一応の段取りを採ってやってみたところ、もう少しのところでディスクの空き容量不足で断念。25日、OS 10.5単独でインストール。一応成功するも、何か違和感があって、翌日回し。
 そして26日、4時間かかってようやく成功。そして本日これまでのTiger(10.4.11)の環境と整合させ完了した次第。
 寒い中ではあったし、クロックが550MHzだから完全に遅いマシンのため、時間を食うので毎日深夜にまで及んだ作業だったが、やった甲斐はあった。このことを考えると、僕自身は、500MHz以上は動作保証としてリリースしてほしかった、と感じる。それほど動きなどがいいのだから。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。