ボンの道楽つれづれ

好きなことをいろいろと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ボンのつれづれ

2007年10月21日(日)はれ
 思いに任せてブログというものを作ってみた。http://niwaka020.blog123.fc2.com/blog-entry-1.htmlがそれなんだが、何とも歯がゆい。こんなんでホームページか?というと情けなくなる。日記様の文章を書いて写真と共に出す=ホームページ?。ザケンジェネー。
 そりゃ同好の士などは集まるだろうさ。しかし、相当に狭まった状況での仲間内だから、実際は僕の気分には合致しない。
 したがって、この日記を本日のブログへ記載するので、一読願って... 。まるでミラーサイトを一部やっているような、そんなおかしい気分になてしまった。
 さて、一昨日と昨日高松へ行ってた。サスガに四国の玄関だ。ことにJRの意気込みのすごさは理解できる。と、いってもすでに過去のことだけど... 。
 今から30年も前は、高松~、高松~のアナウンスを聴く頃は、荷物を両手に、連絡船を下りて、桟橋を我先に走って、宇和島までの5時間半の座席を確保することを、何年ヤッタだろうか。今は高松駅は、ま、ソコソコ乗客はいるが、かつての高松駅の程ではない。
 しかし、僕の脳裏から絶対に消すことが出来ないものが存在する。それは、わずか2日間であったが「四国の玄関」というものが厳然と存在するのである。建物から何から... 。帰路は松山で乗り換えたが、どうしても松山の方がワンランク下に位置づけられるような気分になってしまった。
 ましてや、宇和島... 。何が南予の中核都市だ?。
 午後の一時、SR500を走らせる。なかなか調子が良い。フロントフォークが少しばかり堅い。先日ATFをフロントフォークオイルにしたが、少々入れすぎたようだ。以前の日記に記載していたとおり、走りはまるでXT500である。
 バカげているが、本日左コーナーでセンタースタンドをチャリッと擦ってしまった。そんない倒していないのに... 。
 が実際は相当に倒していたのだな。いつも気づくことは後になってからだ。
 といったところで、NHKの大河ドラマで、佐藤慶の高野山の坊主ががしゃべっていた、その言葉通りだ。永尾影虎と半兵衛の考えが天か地とね。さしずめ、僕はどっちだろう?。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。