ボンの道楽つれづれ

好きなことをいろいろと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

何がどうなっていたのか?

ジェット

 T-140Vの車検切れまで1週間前になったのですが、仕事が忙しくT-140Vに手がだせないまま、行きつけのSモータースへ電話を入れると、ギリギリで大丈夫という返答。結局のところ3日前に整備完了で依頼することができました。
 最大の問題点は、これまで、このブログや日記に記載しているとおり、エンジンが始動困難な状態に陥ってしまったのです。で、こむら返りを起こして以来、窮地に立たされた上に仕事の忙しさが相まってどうすることもできなかったところです。
 どうしてこうなってしまったのだろう?。とっさに思いつくものはありません。いくらジェットのセット(主に英語のページ)を見ても詳しくは出ていません。焦りとも何ともいえない気分になってしまったわけです。
 3月31日ギリギリでは書類作成と点検整備ができません。通常のユーザー車検を受ける程度のことは当方でもやっていますが、最終確認のツメはモータースでやっていただかざるを得ません。そうすると、今日の午前中ではないか。そう、昨日考えて、夜間の作業を考えていたのですが、しごと仲間のH氏と意気投合して、大散財をやってしまいましたので、バタンキュー。
 本日の作業は午前9時半から。一度パチン、ブルルルからググググっとエンジンが回って止まったんです。今のエンジンの回りかたってチョーク引いたような回転だったな。チョークはOFFだからどうして?。点火プラグ?。6番は予備しかないぜ。じゃ、7番のストックを使おう。
 点火プラグを替えても同じだ。行きそうなのに... 。チョークを引いたような回り方... 。もしかして、メインジェットを下げすぎているんじゃないか?。今回はとっさに気づいたんです。
 これまでの#170でもパチンは起こってました。#190は多くのT-120R用の32mmVMの標準だ。T-140Vには少し大きい。となると#180だろう。部屋へ戻って#180を手に、メインジェットを入れ替えました。
 で、キック一発でブルル~ン。ほっと一安心。前回の時アイドリングを少し高めにセットしておいた方が好ましいとしていましたので、次なるライディングの用意のためにアイドリングのままにして再び階上へ。
 エンジンは快調に回っています。
 いざ、スタート。オー、加速も十分じゃないか。不思議なことだな~。下げ過ぎも限度がある。それ以上に... 。これ以上は次号の本文をお楽しみに。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

何とか調子でましたか?

どうもデス。
アイドリングが落ち着いた状態になれば、あとは走って調整ですね。
私もケッチンと格闘して単気筒のほうをセッティングしました。とにかく掛けるのが大変だったですね。

暖かくなり、いよいよトラ復活ですか?

松山のトラ馬鹿 | URL | 2008年03月31日(Mon)11:57 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。