ボンの道楽つれづれ

好きなことをいろいろと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

AFカメラのメンテナンス

settenn.jpg

最近、FinePix S1 Proのピントが少し甘い。数週間前に気付いたのだが、通常は異変がないとして気にしていなかった。
先週、連休の4日、臨港道路のことを記載しようとして、このカメラを肩に出かけて数ショット撮影したんだ。結果は... 。

ちょいと言いようがない仕上がりなんだ。別段おかしくはない。がよくよく見るとオカシイ。こういった感じなのである。僕の目も遠視になってダメなのだろうかな、と考え込んでしまう。一つにはカメラの性能が?。
これはどうやら違う。同じレンズをF-4に装着すると、スムースに作動する。(ただし、このときスイッチが入る時の音のような者を無視していた}

カメラは悪くないが、一体何処に原因があるんだろうか?。

詳しくはいずれ本号で申し上げるが、理由はすぐに解った。それは接点の不良だ。不良といってもレア接続の状態になるだけのことである。決してバカげていることではない。

写真は見づらいが、改造S1 Proのバヨネットの接点部分だ。驚いたことに、ここが汚れていたんだ。アルコールでは取れない。そのために、WD-40を綿棒に吹き付けたものを使用する。いわゆる何とも言えない汚れが綿棒に付着する。

どうして、メーカーはこの部分を金メッキにしないのか?レンズは致し方ないが、ボディーの方は、この部分は重要なのである。現行はおそらく錫とか洋白、あるいは銀なりのメッキではないだろうか、と思う。

このことはさて置いて、結果はどうだったのか?
上手くいきました。特に被写体同士の間が数センチのところでも、改造スプリットファインダーの中央に持ってくると、カカッとわずかに動いて静止する。

もっとも、今のマルチ測光タイプ用ののファインダースクリーンなら、今回のようなことは気にしなくていい。
が、マニュアル機、ことにニコンのスプリットファインダーに慣れ親しんだ方が僕の改造S1 Proを手にすると、中央部測光にご自身の頭が対応するから僕のいうことが理解できるであろうが、通常のファインダーでやると「AFってものは... 」になるのではないだろうか。
それほど微妙なことではあるが、レンズのヘリコイドにグリスが無いことなど、今のAFレンズ自体にも問題があろうけど、デジタル一眼レフのメンテナンス、ことにオーナーがやるべきメンテナンスを取扱説明書に記載すべきではないか、と僕は思う。

携帯電話のマニュアルは分厚いし、そうページをめくることもない。が、ある程度は微に入り細に入りの記載はある。時として、そこを読むと解決策は出ている。例えデジカメのマニュアルとして、「カメラ然としているカメラなのだから」携帯のようになっていない点はデジタル一眼レフの欠点であろうと思う。
もう一点、電気店でデジタル一眼レフを購入すると、購入者には電気製品としての云々は教えてくれるが、カメラの云々はほとんど教えてくれない。
実に不思議な世の中になったものだ。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

>電気店でデジタル一眼レフを購入すると、購入者には電気製品としての云々は教えてくれるが、カメラの云々はほとんど教えてくれない。

確かに仰る通りですね。
ユーザー側も、デジタル一眼レフを「電化製品」としてとらえている所がありますしね。
もちろん、昔からカメラが趣味で一眼レフを扱った事がある人なんかは、カメラの進化としてとらえる事が出来るでしょうが、そうでない人たちは、カメラの性能云々ではなく、いろいろオプションが変更できるデジカメ程度にしか写らないのでしょう。
まあ、それだけ一眼レフの敷居が下がって、誰でも使えるようになった、という事でしょうけど(良いことだと僕は思います)

Ocha | URL | 2008年05月11日(Sun)09:53 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。