ボンの道楽つれづれ

好きなことをいろいろと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ここ最近は糸の切れた凧みたいです

 ずいぶんと、調子が悪いままで数日が過ぎている。少し暇になったと思うと、数日間連続で夜の会議などが入る。ことに最近は土日がこの会議でつぶれることが多い上に、天候が悪いときが多いので、気分が塞込んでしまうのである。
 昨日も松山で、二つの会議をこなした。午前中は県オリエンテーリング協会の総会。午後は職員団体の会議。いずれも2時間ずつ。午前の会議は10時開会だから、こっちは7時発の宇和島自動車のバスで出かける。これが急行便だから2時間15分程度。
 帰りは日曜日のため、帰着が遅くなると困るので、どうしても急行便に乗らざるを得ないため、15時30分の便に乗って、帰ったのが少々遅れて17時前という始末だ。
 じゃ、1時間20分のJRにしたら?というけれど、今回は松山駅に着いて路面電車で移動すると、場所として遠いので、バスでの時間とあまりわらないのだ。この地方の不便さを感じるひと時だ。特に日曜日はのんびりしたいし、今回、もし土曜日が晴天であったらやることは思いっきりあったのだから。
 ま、iPodの1stがすこぶる快調になったため、バスの中は音楽三昧。修正した箇所はたった一か所。MovaのSH252iのバッテリーにスペーサーを噛ませて接続を確実にする方法と同じだ。おそらく僕の持っている最初の5GBと次の10GBのモデルはバッテリーと基盤のコネクター部分を少し○◇してやればいい。そういえば、この1stモデルの中古も結構高くなった。

 大洲本町に停車したとき、おかしげなアメ車があるぞ、と感じつつ、遠視はあるが、1.5を誇る良好な視力で捕らえた映像はブレイン内部で対応変換して、それがアメリカのパトカーである記憶と一致した。よく見ると、ドライバー後ろの補強のロールバーのようなダンパーとネット、フロントバンパーの牛避けまでそのままではないか。

 思わずカメラに収めた。



 大洲は喜多郡大洲町のとき、僕の出生地だ。本来は宇和島で生みたかったのだが、母方の義父が大洲の出だから、今の僕と同様、独り者の父には文句が言えなかったのだろうことは、ずいぶんあとになって判ったことだ。
 そういったことと、敵対する職員団体の自治体だから、大洲自体は僕の心の中からずいぶんと離れてしまった。
 こんなことを考えていた行きとずいぶんと異なった帰りであった。

 最近青パトが結構走っている。もちろん、子供を守るための個人の自動車へ青い回転灯を着けたものだ。四輪はあるが、どうして二輪には委嘱が無いのであろうか。
 僕も退職したら、趣味と実益を兼ねて、こういったことへ参加してもいいな、と感じている。そうすることによって、結構楽しむこともできるからね。こういうのがボランティアってんだ。で浮かび上がったのが、カワサキのKZ1000Pである。一つ購入するかな、と思わず考えてしまった。実現するなら、今年の暮れまでだ。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。