ボンの道楽つれづれ

好きなことをいろいろと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ROTARY ENGINE ArchivesとPismo+Mac OS 10.3

Rotary


この前、どうしても欲しかった本があったんだけど、ゲットできなかったことを日記に記しましたが、これがその本。そう、「ロータリーエンジン・アーカイブス」内容は著作権の兼ね合いがあるので出しませんが、なかなかいいものです。
実は、このロータリーエンジン関係の本はずっと前にエンジンの分解組み立てを主としたものがあって、その時も... 。後の祭りになったことがあったんです。その時の内容でもっとも忘れがたかったのは「ワセリン」です。ロータリーエンジンという夢のエンジンにワセリン?。それほど組み立ての時に使用するんです。何だかおもしろいな~、と思いつつだったのですが、本の名前も憶えていなかったので、どうすることもできなかった。我が家の通信関係も288時代でしたから、ネット上で探すなどもできなかった次第です。
で、今回も宇和島の書店でゲットできず、28日の松山出張時、ようやくゲットできた次第です。
記事として車の紹介は少ないのですが、マツダのロードぺーサー。この車を私が就職してすぐの時、市内のK畳店に止まっていたのを、内田自転車のSメカニックの連絡を受けて初めて目にしました。これがロータリーエンジンで動くのか!?とね。
この車に再び対面したのは自治労定期大会が金沢で開催されたとき、そこの自動車博物館でしたが、もはや、動かない自動車は単に「物」でしかないことを痛感し、ボディーがオーストラリア製ですから、観客に正面を向けての展示が通常よりももの悲しく感じたものです。
そこから発展して、私が四輪免許を取得して、の話になるのですが、これ以上は言いますまい。

もう一つは本を置いているノートパソコンのPowerBook G3(4) Pismoです。これも二番煎じになりますが、一面ダメもとでインストールしたMac OS X 10.3が非常に快調で、息を吹き返したんです。
運良く、職員団体の情報紙を作成するため、Apple WorksとG4 12インチでは作業性がよくないんです。で、10.3 Pismoを使用して今日の午前中で仕上げることができました。
劇的とまでは言いませんが、再びPismoを使用することになります。おもしろいものです。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。