ボンの道楽つれづれ

好きなことをいろいろと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

バイギブJ-160Eの修正完了

バイギブJ-160Eの修正完了

このギターを購入して一年が経過した。この間、何やかややってきたが、どうにも我慢ができないところがあって、その対応に苦慮していたところだ。
今回の作業結果からして、僕は前のオーナーも、第一フレットの山を削ったり、それに伴って、ピックアップのネジを思いっきり沈めてしまったり、と止めておけばいいような修正をやっていたようだナと理解できた。
僕自身も若干ながら嫌気が差していた。が、拙宅の我が部屋へ半ば放置してしたコイツにマーチンの弦を張ったとき、少々考えを変えた。音そのものはなかなか良くなっている、とね。
色々判断して、ナット交換と指板の修正をしていたところだ。

暑い中、扇風機のみ作動させている我が部屋ではあるが、集中して作業をやっていると、暑さも忘れてしまう。
アンタのことだ、どうして、専門店に修理依頼したりしないのか?、と言われるかもしれないが、それほどまでするギターでもないんだ。形状は違うが、完全なオリジナルのJ-160Eを持っているし、これはバイギブのJ-150Eとして見てやる、というのが僕の行き方だ。
古い話で申し訳ないが、小学校時代、同じように模型などに熱中していた。拙宅は食堂経営をやっていたし、外の道は地道、店の中は火を使っていたにもかかわらず、扇風機で十分な涼しさを確保できていた。午後はプールで泳いだ後、帰りは「怪傑ハリマオ」を桝潟町のW君のお宅で見させてもらって家へ帰っていたんだ。
エッ!「にわか」の御曹司のくせにテレビ無かった?。
御曹司には関係なく、その頃は南海放送が開局前の民放がOBSのみの世界。拙宅の裏を通る2本のアンテナケーブルに接続する必要がある。それにはゼニが必要。今の数万円クラスが必要だったのだから、致し方なく、お城山直近から東の地域では、東京オリンピックの1964年まではそんな調子だったんだ。アンテナだけ立てれば視聴できる時代ではなかったんだよ。
オーット余談が過ぎた。
バイギブのこのJ-160E、ようやく弾ける状態になった。
ま、先に記載したとおり、このギターもネームバリューは小さい。フェンダージャパンのどれほどのものだろうか。お粗末。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。