ボンの道楽つれづれ

好きなことをいろいろと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

コミック「深夜食堂」のような商売もいいな

深夜食堂
 最近、おそらくお祭り辺りから僕のお腹の状態が思わしくない。時にとんでもないような色の... 、が出ることがある。一瞬ドキリとするが心配する程ではないようだ。一つは敏感になってきている。酒道場でソーダガツオの生節を食べると血合いが多い上に、肉ものを食すと一発でそうなってしまう。
 少々余談が過ぎたが、数年前、「Bone君、退職したら食堂やったら?」と言われて、一時期真剣に考えていたが、現在の状況を見ると難しいな、と感じるほど世の中が変わってしまった。
 写真はコミックの「深夜食堂」だけど、まさか、僕がこのコミックの虜になるとは考えなかったのであるが、僕がやろうとしているのも、こういった店ではないのだろうか、とね。もちろん、深夜ではなくソコソコの時間帯での営業であるし、店の業務種類は食堂だけに限らないのは明白だ。もちろん、今の商店街のような午後6時過ぎにはシャッターの閉まる音がする、な~んていうことはしないけどね。
 ふと、ゲルマンでは食傷気味になるものの、最近はマスターのグチにも合わせることができはじめた。酒道場では最近になっての御常連と少しばかり話が弾みだした。もっとも、こうなると少々飲み過ぎにはなるのだが... 。
 退職してからの生活のベースもそろそろ考えなくてはならないな~。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。