ボンの道楽つれづれ

好きなことをいろいろと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Pismoのヒンジを交換する

ヒンジ
とうとう3日間酒を飲み続けた。休みだがいつもどおりに早起きして、気になっていたPowerBook 2000(通称Pismo)のヒンジを交換した。
 というと簡単なように感じられるだろうけど、決して楽ではない。最大の理由はヒンジがヒンジだけではなく、液晶フレームの一部にカシメ止めされているのだ。そのため、液晶のホルダーから総てを外さないと取り付けられないのである。そのため、使えなくなった物からヒンジを外して、液晶不良の物から外した物(ヒンジ)を移動して取り付ける、という寸法だ。
 外してみると、ヒンジ本体の受け部分が割れてしまっていた。写真が使えなくなったヒンジ兼ホルダーである。
 どうしてAppleはこのような取り付けシステムにしたのだろうか?。僕は5300シリーズの「ヒンジ部分ベキッ!」の多発事件の教訓からだろう、と思う。
 これで1時間程度かかった。結果は良好。一安心だ。パーツ取りのモデルから外して使っていた液晶のため、前のオーナーが傾斜を少し大きくして使っていたか、ヒンジ部分に無理がかかり壊れたのだろうな、と思ったところだ。

 次はJedit2.0の最新β版のダウンロード。このときまではSafariは快調だった。が、頻繁に落ちるようになった。ホーム画面からブックマークへポインターを持っていってクリック... で落ちる。アップデートやってもダメ。
 今はFirefoxに変更した。本日からはこれを使用する。が、ホームページのアップは相変わらずNetscapeコミュニケーターである。

 このFirefoxのブックマーク移動に時間を要した。確認を含めて午後3時までかかった。結局合計8時間ほど費やした。「エッ、じゃ7時半頃からやってたの?」。そうなんです。で、昼飯を食べ損ねた。

 今日の作業は本編で報告するけど、勝手知ったるPismoだから手が出せることだ。PowerBook G4 12だと少々手が出ない。マジで作業効率が悪いから。ま、金属多用のモデルと合成樹脂多用のモデルでは熱を逃がす方法違いから内部構造も結構変わっている。おまけにG4 12のネジは+ネジでも特殊なヘッドだから、ネジの管理だけでも大変だし、このモデル用にドライバーを一つ新調しようかな、と感じるぐらいだ。
 ま、とにかく当面はPismoを使うつもりである。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。