ボンの道楽つれづれ

好きなことをいろいろと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

どうしてタンジェリンか?

タンジェリン再び

 そもそもの発端はここでは記載しない。今回ヤフオクで再びiBookのタンジェリンをゲットした。送られてきたマシンを見ると、手持ちの化粧直ししたのと妙にニュアンスが違う。フト、僕にとっての最初のマシンSE/30のことを思い出した。このマシンの出はアイルランド工場であった。電源部のどこかがパーになって、SEの中古をゲットしてそいつを移植してた。同じソニー製の電源でどうしてこうまで違う。もう一つはビデオカードを装備したのにリアケースが微妙にふくらんでる。筐体は共通だからSEのをフィットさせると見事にというかそのまんま楽に装着できるではないか。
 こういったところから、僕はMacの最初のモデル生産国のを大切にしている。PowerBook 5300なんて、シンガポール工場のものが、最終ではアメリカでのアセンブルになって帰ってきたのを思い出す。後日、5300と同じモデルの190が台湾製なのを知って愕然とした記憶がある。
 こういったことから、初期のタンジェリンと後期のタンジェリンとは色合い自体も少し違うようだから筐体の材質自体も違うのかもしれない。
 今回送られてきたのは最初期モデルのようだ。コードを纏めるベルトのタグまでそのまま保存してあった。まるで自分が購入したモデルが回り回って僕の元に返ってきたような気分になった。こういった方もいらっしゃるのだな、と思った。
 テスト段階でOS 8.6で少々不具合が出るので、9.2にアップした。僕は唖然とした。G3の300MHzでこんなに速いのか。一瞬言葉を失った。残念ながらハードディスクが3GBしかない。このまま保存としよう。幸いにもヒビが入っていない。
 オリジナルが手元にある。ということは、化粧直ししたもう一台のタンジェリンをもう少し使ってみようか。コイツは6GBのハードディスクだしね。結構楽しみは広がるものだ。あの時ゲットしていなかったら再びモヤモヤが取り巻くことになっていたであろうことは容易に想像できる。それだけ僕も見極めが付く年代になったということか。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。