ボンの道楽つれづれ

好きなことをいろいろと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

元の仕様に戻す

日本スタイル

 こういった何もない休日は朝から雨とくる。止むと少しばかり涼しいが、風がないものだから何ともモワ~っとしたものが支配する。と再び雨が来る。この繰り返しを2~3度やったろうか。ようやく3時過ぎから晴れ間が出始めた。
 走行は中止し、SR500のリアウインカー(和製英語だ)を元の取り付け位置に戻すこととした。理由は、テールランプの動きが揺するような動きに変化する。そのため電球などへのストレスが強いと判断したからだ。
 作業時間は少し長引き1時間半もかかった。そのわけは、コードのカバー内にリアタイヤが巻き上げた土が入り込んでいて、それを外に出す作業に思わぬ時間が取られたためだ。
 で、写真を撮る際におかしな気分になってきた。このスタイルはどこかで見かけた記憶が甦る。しばし思い出さない。おかしいな、と思いつつ、車体カバーをかけようとしたときだ。「アッ」と思った。そう1968年にリリースされたホンダCB750 Fourのスタイルではないか。SRはヤマハだが、メーターの立ち角度なども同じだし、タンクカバー仕入れて、CB750風に塗装するとイイものになるのではないか、と考えてしまった。
 明日から9月。そろそろ、オイル交換をしなければならない。そして10月18・19日の花園へ行く準備を始めなければならない。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。