ボンの道楽つれづれ

好きなことをいろいろと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

だまされた

おかしな酒

 5日の金曜日、明倫町は雨、錦町ははれ、という市内の周囲でも天候がめまぐるしく変わる中明倫町から出張徴収をやって冷房の部屋に帰ったところ、風邪をひいたらしい。
 本日はそういった気分から外へ出る気分には至らなかった。退庁後も同様だ。一つ汗を出してやれと丸穂温泉へ行く。が、一気に汗は出ない。ムラムラ感がつきまとう。
 帰りにサンクスでアテ(いわゆる肴)を少々買ってその後で写真のビールと缶酎ハイ(キリン)のグレープフルーツ。(風邪薬は飲んでいないからOK)
 このゴクうまっていう発泡酒は宣伝してたよな。これがとんでもなくマズイ。というよりは、飲んでアテを摂りながらやると一気に不味さが先に来る。土台、アサヒの失敗はこういった発泡酒に多くの種類を出してきたためだろう。グビなまっていう美味いのもあるのに、あっというまにディスコン。
 今日はだまされたね。そういえば、サッポロのドラフトワンも最近はマズクなっている。気がつかれているだろうか?。
 今日はランダムだ。民主党の小沢の態度が変わった。これは「やる気」だな、と感じる。この間、友近(参議院議員)の応援演説に愛南町へヘリコプターで来たとき、お立ち台はビール瓶のケースの上にコンパネを置いたものであった。
 僕は一瞬かつての河野建設大臣が長靴を履いて自ら被災地に最初に入っていった、というあの姿を思い出した。
 そういったことを思い浮かべると、今日の代表になった以後の彼の姿から、これは... 、と感じた次第だ。
 相撲は、僕は良い方の取り方をしている。今日が次の場所へ向けての判断を下す最終時点であったのではなかろうか、と思う。こういった思いをするのは、僕が地方ではあるが、政治の場でのドンデン返しとかをずいぶんと経験しているから、本日の決定は相撲協会の執行部の判断であろうし、そこが出した決定が「今日」という日を導き出したのではないか、と考える。
 宰相というのは、ことの全てが明白になるまでは何かを言いたくても言えない。確かに僕の意見には反論があるであろうけど、相撲界全体のことからすると、今はこうやって纏める以外にはない、と考える。
 遠い将来、この日の事実が明かされるであろう。考えてみりゃ、理事会の席で次の理事長がサッと決まる。そこが再びおかしい、と言われるかもしれない。
 かというと、先にとっ捕まった彼が天然パーマも元通りになってみすぼらしい姿で記者会見した。処分保留で、11月末までには出国しなければならない。彼の弁明の本心は聞けるのだろうか。おそらく無理であろうな。
 大分の教員採用試験でOKになった教員を教育委員会は処分した。僕なら思いっきり闘う。これに対して日教組(加盟してないかもしれないが)は何も言わない。就任から9か月に満たないから、公務員としては臨時的任用の教員と言うことなのだろうか。その割には、今の地公法22条職員と同じく一般教員と同じ仕事をしている。その彼らが知らない間に首を切られる。彼らを日教組は助けられないのだろうか。不思議な世界だ。
 というところで、たまには豪遊したいものだ。が、金は何とかなるが、大勢での酒が嫌いとなっているので、10日の芋たきぐらいの人数が精一杯だろうけどね。
 以上で、ランダム終わり.... 。でもパラリンピックのこと少しは書きたいが、予選と決勝が午前と夜のためできない。パラリンピックの方が選手も観客も集中して競技やってるように感じるのは僕だけだろうか。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。