ボンの道楽つれづれ

好きなことをいろいろと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大変なプリントアウト

マニュアル

 昨日の今日ではないが、早速マニュアルなどをプリントアウトした。本来なら秘密でレーザープリンターであっというまにプリントアウトできるのだが、職場のキカイを使ってそれはできない。やむを得す職員団体のインクジェットプリンターでやった。
 実のところ、恐縮なんだが、これって218ページもあるんだ。昼休みと夜間徴収の時間にMacを作動させたままで2時間ほどかかった。
 しかし、うれしいね。DVDの中にあるのを適宜プリントアウトすると事足りる。ついつい
涙が出るよ。ことに古いトライアンフのロゴを見ると一層のことだ。自動車のTRIUMPHのゴシック体ではなく、こった書体はTRIUMPHという大文字のTと、その後は小さめの大文字がくる独特のロゴはオートバイと自転車だけだものね。
 トライアンフというと、女性の方は「トリンプ」っていうインナーメーカー知ってます?。そう、日本ではトリンプって言ってるけど、あれはトライアンフだね。喋りづらいからトリンプって言ってるわけだ。もし、日本語にすると... 。
 いってもいいかな?。そう、「優勝印の下着」ということになってしまうんだ。誰も買わないよな。「福助の足袋」ではないんだし。
 そろそろ、トライアンフの自転車もつくらないとならないな。先代のはゴミとして処理されてしまったから。スターメーアーチャーのハブギア、ルーカスのテールリフレクターなどなど、イギリスメイドはことのごとくガタヤの鉄球で木っ端みじんにされてしまっていた。
 すぐさまネットでフレームとチェーンケースのみゲットしているのが現状である。
 僕のT-140Vを手放すと二度と手元には帰らないと思う。それゆえ、僕が死んだ後でどうにかしていただきたい。それまでは、乗れる限り僕が乗るのだから。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。