ボンの道楽つれづれ

好きなことをいろいろと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

P.T.K再び

P.T.K

 しばらく使用を控えていたP.T.Kを再び持ってきた。これは、PowerBook 2000用に最初にリリースされたものだ。詳しくは小誌のMac'n Fileを。
 このキーボードはかつてのPowerLabが台湾のテックパーツに依頼して、「弘法筆を選ばず」の逆の観点から、キーボードにもイイものをとして開発されたものだ。急遽予約発注して、実際手に取ってみた瞬間はすごかった。
 が、しばらくすると、不具合というものが出て、交換しますので返送をお願いします、という通知が届いた。当然、僕もそれにしたがった。それ以来、このキーボードを愛用していたが、会社もなくなりディスコンになってしまう。
 これまで手持ちの使い込んだのを使用していたのだが、キーボードと本体ロジックを結ぶリボンケー分ルの折損から使用不能になり、純正ASCIIキーボードを使用していた。
 リボンケーブルがダメになるのは、どうやら、折れ曲がる部分がヒートシンクの真上に来ること。しかも、それがヒートシンクに触れることから起こりうることのように感じていたところだ。リボンケーブルの材質がダメ、というところもある。
 何とか断熱材、遮熱材はないものか、と思っていた矢先、閃いた。ただし、この改修ができるPismoとそうでないものとに種類が限られる。
 この最初のP.T.Kを使用できるのは、後期のPismoでヒートシンクが合成樹脂のものに限られるようである。一般の金属製のヒートシンクではリボンケーブルの接続部分が盛り上がることになるため、装着しづらいのである。改善型というか、交換されたものはリボンケーブルが接着されていた。
 今回の改修で上手く行けば、通常の製品版のP.T.Kでも実験をしてみたいと考えるところである。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。