ボンの道楽つれづれ

好きなことをいろいろと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

雑誌というには...

 僕自身は、よく酒のことについて日記などで記載する。「あー、あいつは酒飲みだからな」と決めつけていただいては、僕は少々頭に来る。
 その一つが「酒を飲める」というのはどういった判断だろうか?ココの明確なところが出ない今、僕自身は「酒は飲めないよ」としている。
 真面目に、本日酒道場へ徴収のHさんが来てた。僕の隣は大の巨人ファンである津島のYさんが来ているんだ。
 本日は連休の二日目。別段急ぐことはないのだが、「ひろもとだより」の配布が待っているのである。ま午前中1時間、午後から1時間で配布を完了。
 酔った中で、岩城市議会議員に対してどういった協力が得られるのだろうか。悪くは言わないが、真面目に議員活動をやって、その報告をやっている議員って居るんだろうか。ネクタイを締めて夜の飲み屋で商売をする議員、まさか議員とは思わないような格好で畑仕事をやっている議員。
 こういった行為を僕は咎めやしない。むしろ奨励するのだが、その内容は市内の有権者には届かない。そういった意味でも「ひろもとだより」は重要ではないか、と考えるのだ。
 しかしですね、こういった地道な活動をやっているにもかかわらず、いざ選挙になると「あの人に入れたよ」と、とんでもない世界に陥ってしまう。これが南予の特徴である。

zassi

 ま、そんなことを感じつつ、本日はコミックの「BAR レモンハート」とMac Fan誌を紹介する。
 MacFan誌は創刊号からのおつきあいだ。内容は今号を見ていただいたらお分かりになる。当時のOSのことやら何やら記載されている。
 が、僕が疑問に思ったのはMacBookの新製品にFireWireの端子が存在しないことにある。
MacFan誌で大々的に紹介するとしたMacBookだが、その実、内容は小さかった。
 そう気にしていないことだが、データ移行に際してFireWireがMacBookには装備されていない。USB2.0でやるのか、あるいはバックアップをつくっておいて新しい製品にインストールして使用するのか?。
 この2点だろう。ところが、この部分が明らかになっていない。MacBookの発売とMacFan誌の発売時期に期間がなかったからだろうけど、コレが明確に指示されないと、僕として新しいMacBookの導入を即決できない。

 で、次はバーレモンハートだな。僕はこのコミックをどうして読み始めたのだろうか?、と再び考え出した。ちょうど前のザ・シェフのことを飲み屋で話をしていたとき、隣の客が、バー・レモンハートもいいですよ、ときた。レモンハートね... 。
 で、最初に5、7、8刊を購入。おもしろかったから、空白部分は古本を購入したのではなかったか、と思う。その頃から乾杯でスランジバールを盛んに出しはじめた。
 同誌のN0.8で日本酒のことを記したところがある。コレはなかなかのもので、極力それに従ったことをやろうとしているのだが、そのとおりにやるにはなかなか難しい。
 本日も、日本酒をやりながら、隣の巨人ファンYさんへ向けて、それとなく「負けろ」と思いつつニヤリとしている僕。経済のこと、選挙のこと、最初に言った議員活動をやっているのかどうなのか... などが虚しくなってしまう。
 悪いことに実際に西部がサヨナラ負けしてしまったではないか。明日は振り替え休。天気が下り坂だが、雨が降って早々に止んで欲しいところだ、とも感じる。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。