ボンの道楽つれづれ

好きなことをいろいろと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2冊の書籍

2冊の書籍
 この写真で、僕が何を言おうとしている方が分かれば僕の日常は30年ほど前から見透かされていると思う。
 「シャパラル」と聞いて分かる方は、ほぼ僕と同じ年代か、それ以上でモータースポーツを理解されていることだろうな、と感じる。
 僕は1/24のスロットレーシングをニチモのサーキットを持っているので、以前は結構楽しんでいた。松山へ行った折は、モノグラム制のこのシャパラル2AとBRMのF-1を忍ばせて、会議の終わった後、最終列車まで、三番町のマジックボックスのサーキットで走らせていたのを思い出す。
 ん、僕のホームページにはプラモデルのことはまだ出していない。もう、40年前になるだろうか。東高校の前に青葉教材社という模型屋さんがあって、COXのスロットレーシングモデルのシャパラル、BRM、それにフェラーリがあった。当時でもマグネシウム製のシャシーだったし、相当高価であったため、手が出せなかった思い出がある。
 青葉のご主人が亡くなってしばらくして奥様に聞いたが、すでに売却済みになっていた。かろうじてマブチのFT-36モーターの新品をゲットしたのを思い出した。
 いわずとしれたアメリカの弱小ファクトリーが、当時では珍しいFRPのモノコックフレームと、オートマチックミッションのエンジンを搭載して世界の強豪レーシングマシンと互角に戦ったレーサーの名前である。その総帥はジム・ホールである。
 この書物を昨日松山の紀伊国屋で見つけて、即座に購入した次第だ。詳しくは、そのうち小誌に掲載したい。

 さて、もう一方のトライアンフの本。これはオートバイだ。大半はクラブマンに出ていた写真だが、一点だけ参考例の写真が出ていたので購入した。衝動買いみたいだ。
 その参考例は、ロックハートのオイルクーラーコアの取付方法だ。ようやく分かった。それだけで?、とおっしゃるだろうが、手元に置いておくのもよろしかろうと思ったところだ。

 F-1の世界はホンダが撤退するってんで、大わらわのようだが、これでようやくスポーツとしてのF-1が始まるのではないか、とも感じる。
 トヨタは今後も参戦するっていうではないか。が、巨大企業も赤字へ転落だし、会社で一丸となってレーシングマシンを開発するっていうことは国内企業では難しいのだろう。理由は簡単。日本のメーカーの大半はゼニ儲け意外の何ものもないのだからね。当のホンダも、宗一郎氏が存命の頃とはずいぶんと企業の体質は変わってしまっているのが本当のところだろう。

 あ、そうそう、僕が書籍の写真を撮って中身を掲載しないのはどうしてだ?、と聞かれる。出すのは簡単だが、既に廃刊になっているものならまだしも、毎月発刊されているものをホームページに掲載するのは著作権の侵害になる、と僕は考えている。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。