ボンの道楽つれづれ

好きなことをいろいろと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

年賀状とはいつ出すのか?

プリント

 今年も予告どおり、年賀状は新しい年に入って作ることとした。こういったことにしたのは郵政が公社化になる数年前のことであった。局員に知人が多いもので、お祭り騒ぎに似たこの年賀状の件をニガニガしく感じていたからだ。1月1日到着には年末20日までに... 。局員は賀状販売のノルマを課せられるなど... 。
 相当昔、渥見清と女優は誰だったかな、年末か年始のNHKテレビの特別番組であった。モノクロだったから良く憶えている。新しい年を迎えるまである程度年齢の高い新婚の夫婦なのだが、ダンナの根が真面目そのものだから、忙しいにもかかわらず、差し出す相手に対して1枚ずつ年賀状を書くんだ。結局、徹夜になってしまって、結婚最初の夜はパー。
 こうはならないまでも、年始のあいさつにしても年が明けてからだろう、と僕は考える。そういったところから、僕は最近になって、年が明けてから年賀状を出すことにしている。
 本日は元旦。大晦日の昨日はお墓へ行って、今年の幕開けは丸之内の和霊神社へ初詣。午後からは天気も回復してきた。恒例の五社初詣サイクリングは実施されたかどうか、ダメなら明日にしたいが、箱根駅伝との絡みがあって... 。
 本来の休みは明日までだ。土日の休みの後、職場へ復帰。こういった気分はまだまだ抜けそうにない。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。